医師免許のない人は医療行為は行えません




病気やけがなどを診断し、治療することを医療行為と言います。日本では医療行為をすることが許されているのは医師です。医師免許は国家試験に合格しなければ取得できない国家資格であり、医師免許なしに医療行為をすることは違法です。医療行為というと非常に堅苦しい印象がありますが、風邪をひいたり、けがをした時に病院や医院に行って治療してもらった経験は誰にでもあると思います。その治療が医療行為と呼ばれるものなのです。最近問題になっていることの一つに、軽い症状の病気やけがでも大学病院などの高度医療を行う病院を受診する人が増え、実際に高度医療を必要としている患者さんがなかなか受診できないという事態があります。これを解決する方法として、医師の紹介状がないと受け付けないなどの対策がとられています。そしていわゆるかかりつけの医師を持つように国民に呼びかけています。医療現場のこのような問題は、一人一人の意識が変わることによって改善することができるのです。

超人気!!大阪でホストクラブに行くならここ!!

エロ生放送のライブチャットサイト

東京 風俗 求人